MacBookに似た浅く薄いキーボードを求めて。「Surfaceキーボード」に辿り着いた

MacBookに似た浅く薄いキーボードを求めて。「Surfaceキーボード」に辿り着いた
どんな記事?
  • MacBookに似た浅く薄いキーボードの探求記事
  • 行き着いた先はSurface専用キーボード
  • ため息が出るほど美しい

すっかり虜に。

NICOAをご覧頂きありがとうございます、Jimon(@jimon_s)です。

打つのが苦にならない。むしろずっと打っていたいほど心地よい、MacBookのキーボード。

あの悪魔的な魅力に取り憑かれて以降、Windowsでも使える似たキーボードを探す旅が始まりました。

フリーソフトが入れられるPCなら、以前ご紹介したように、Appleキーボードを使えるようにしてしまうのが最適解。

しかし、フリーソフトが入れられないPCでもどうにかあの打鍵感を再現したい。数々のキーボードを試したのち、僕が辿り着いたのはSurfaceキーボードでした。

スポンサーリンク

開封からもうMacライク

上質な紙に包まれたキーボード

そうして我が家にやってきた、Surfaceキーボード。名前からわかるとおり、Microsoft純正です。OSメーカーが作るハードの質の高さは、MacBookに似たキーボードをお探しの皆さんなら説明するまでもないでしょう。

外箱はApple製品を彷彿とさせる上質な紙製。質のいい紙って、どうしてこうも胸をくすぐるんでしょうか。

すーっと持ち上がりふっと抜ける

「すーっ」と持ち上がり、「ふっ」と外れるあの感覚。これまで数々の紙箱をあけてきましたが、中でも最高グレードな気持ちよさ。さすがMicrosoftといわざるを得ません。

「製品を実際に使う以外の体験」にここまでこだわる意識の高さに、改めて驚かされます。

内箱と本体の調和が美しい

誇張なしに、思わず一瞬息をのみました。それくらい美しいパッケージング。メタルな質感のボディが、真っ白な内張りに映えます。

無駄のない洗練されたデザイン

中身をとりだしても、とにかく美しい。色味といい質感といい、品があるとでもいいましょうか。ぜひ実物をみてほしい。

理想どおりのキーストローク

浅いキーストローク

浅く、快適なストローク。これをもとめて購入を決意したSurfaceキーボード。

キーストロークはおよそ2mmほど

ストロークはご覧のとおり浅め。公称値はでていませんが、およそ2mmほど。

打鍵感は、パチパチというより押した感覚がしっとりと手に伝わる作り。MacBook本体よりも、Appleキーボードの打ち心地に近いです。つまり、とても気持ちいい。

また静音設計が優れているので、打鍵音も小さく快適。周囲を気にすることなく、タイピングに集中できます。

理想を叶えるキー配置

打鍵感のほかに、僕が絶対に妥協したくなかったのがキー配置。特に

  1. 右Shift
  2. 変換/無変換
  3. 矢印キー

の3つはこだわり抜きました。

位置もサイズもベストな右Shift

位置もサイズもベストな右Shift

大文字を入力するとき、右Shiftを小指で押す僕にとって、このキーの配置は死活問題。Enter直下に陣取っているキーボード以外は考えられませんでした。

またサイズに関しても、小さすぎるモノ、大きすぎるモノはNG。小さすぎるとミスタイプの原因になりますし、大きすぎると小指で押すには力が足りなくなるんですね。

対してこのキーボードは、位置もサイズもベスト。完璧です。

親指で叩きやすい変換/無変換

親指で叩きやすい、変換無変換

MacライクにWindowsを使うため、僕は「変換/無変換で入力モードを変えられる」よう、IMEをいじっています。

なので、ときたまあるスペースが大きなキーボードはダメ。両サイドの変換/無変換が親指で押せなくなっちゃいますから。

このキーボードの場合には、ほどよい大きさでちょうどいい。

分離独立した矢印キー

分離独立した矢印キー

書類のページングから、カーソルの移動までなにかと出番の多い矢印キー。これも他のキーから独立した作りになっているので、とても操作性がいい。

矢印キーを使うときって、指3本を置きっぱなしにすることが多いと思うんですが、置き心地もグッド。下キーについているガイドが指にかかる感じが心地いい。

正直なところ、打鍵感だけでいえば他にもニーズを満たすキーボードはいくつかありました。ですが、これらキー配置まで完璧なキーボードはSurfaceキーボードのみ
改めてベストな選択肢と思います。

駆動は電池式

背面の電池カバー

駆動用の電源は単4電池2本。バッテリー式ではありませんが、約1年もつとのことなので、むしろメリットと言ってしまってもいいでしょう。

マグネット式で吸い寄せられる

背面のカバーをパカっと外すと、電池スロットがあらわれます。このカバーがまた快適で。マグネットが内蔵されていて、近づけると吸い寄せられるように「ピタッ」とはまるんです。

あらためて細部まで、考え抜かれたこだわりがハンパない。

あとがき

もともと好きなメーカーでしたが、このキーボードを買って以降、ますますMicrosoftが好きになりました。

いい仕事はいい環境から。毎日触れるキーボードには、こだわりをもってみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました。
Jimon(@jimon_s)でした。

-Mac・PCアクセサリ

関連記事



CATEGORY
この記事のカテゴリ
Mac・PCアクセサリの親カテゴリ
Product内の他のカテゴリ
更新チェックはこちらから!