胸元にアートを忍ばせる。色にこだわる「yuhaku」の財布、フォスキーア2つ折り純札

胸元にアートを忍ばせる。色にこだわる「yuhaku」の財布、フォスキーア2つ折り純札

:2019/3/10 レザー

どんな記事?
  • まるでアートな美しさ「yuhaku」の財布をご紹介
  • 他に類をみない独特の色合い
  • 財布をみるたび気分がアガる

無限にみてられる。

NICOAをご覧頂きありがとうございます、Jimon(@jimon_s)です。

財布はもういらないかも」。こんな声をはじめて聞いてから、もう数年たちます。

生きるためにはお金がいる、お金を持ち歩くには財布がいる。こんな当たり前の考えのもと、数百年間「お金の入れ物」として活躍してきたお財布。たしかにスマホひとつで買い物できる現代では、もはや必需品ではなくなってきている気もしますね。

そんな流れもあってか、この頃はキャッシュレスをアシストする「機能性を突き詰めた」お財布をチラホラみかけるように。
人気の度合いをみるに、未来のお財布はこんな具合に「なにかを突き詰めた」モノが生き残っていくのかもしれません。

ならいっそ、機能性よりデザイン性を。見るだけで気持ちを高めてくれるアートとしての選択を。

今日はこんな考えで選び抜いた、僕の新たな相棒のお話です。

スポンサーリンク

「色」にこだわるブランド「yuhaku」

色に拘るブランドyuhaku

この財布を手がけるブランド「yuhaku」の名前は、創設者 仲垣友博の名前からとられたもの。

建築を学びながら、絵画を中心にアート活動に取り組み、シューズブランドに就職。その後革染色の研究に没頭するなかで、絵画の技術を応用した独自の染色技法にたどり着いたそうです。

「私たちはこの独自の染色技術に誇りを持ち、未来の伝統工芸に昇華させる」。yuhakuのブランドページにはこうあります。

どこまでも深い「色」へのこだわり。新しい財布を探す僕の心に刺さったのも、この独特な色合いでした。

Yuhaku フォスキーア

目を奪われる

目を奪われる、なんと言葉がありますがまさにそれ。はじめてみたとき、あまりの美しさに釘付けになってしまいました。

革の端から端へ広がるグラデーション

革の端から端へ、絶妙に変化する青。ことばにしてしまえばすべて「青」なんですが、いったい何種類の「青」が使われているんだろうか。

ベタ塗りでなく、透明感を感じる仕上がり

ベタ塗りでなく、透明感を感じる美しい仕上がり。複数の色をすべて手作業で塗り重ねる、yuhaku独自の技法によって作られた他にない色味です。

内側はツートン

パカっと開いた内側は、革らしい黄土色と青色のツートン仕様。発色のよい黄色と上品なグラデーション。ほんといつまでも見てられる…。

そのときどきで表情を変える

ときどきで表情を変える

眩しい太陽の下、曇空、蛍光灯の光の下。見るシチュエーション、周りにあるものによって、表情がガラリと変わるのもこの財布のおもしろいところ。

強い日差しの中撮った財布

こちらは撮影中、特に日差しが強かったとき。

雲が出た中撮った財布

対してこちらは雲がでてきたとき。同じ青でも少し違う印象をうけませんか?

キーケースと財布

こちらはお気に入りのキーケースと並べた一枚。同じ財布のはずなんですが、単体で見るのとはまた違った印象をうけます。

「引き算」のデザイン

引き算のデザインで作られた財布

色にこだわるyuhakuでは、デザインも色を引き立てるため「引き算」でできているのだそう。とりわけ今回僕の選んだのは、小銭入れのない純札入れ。色味を楽しむのにこれ以上はないでしょう。

テンションのかかり具合が絶妙

じゃあデザインのために「使い勝手を引き算」してしまっているのか、というと全くそんなことはなくてむしろ逆。

特に普段使っていてこだわりを感じるのが、開いたときの張り具合。お札を取り出しやすい角度でピタッと止まって、スッと戻ります。まさに最小のパーツで、最大の性能という感じ。

サイドから見ると極めて薄い

サイドからみるとこんなに薄い。お財布を胸元やポケットにいれると、膨らんでかっこ悪くなりがちですが、これだけスリムだと外から見ても気になりません。

ふとした瞬間、気分がアガる

ふとした瞬間気持ちを高める

僕は日常の会計は、ほとんどスマホ1つで済むよう工夫して生きています。かなり徹底しているので、仕方がなく現金を使わなければいけないときは、ちょっと気持ちがヘコむほど。

会計ってお店を出るときにすることがほとんどなので、現金しか使えないお店に入るたび、最後の最後にちょっと残念な気分になっていました。

それがyuhakuを使うようになってからは、ガラッと様変わり。美しい財布に惚れ惚れしながら、気分よく次に向かえるように。

財布を気持ちをアゲるツールにする。こんな考え方もあっていいんじゃないかと思います。

私事ですが、先日26歳になりまして。こちらはそのお祝いにいただいたもの。

贈っていただいた思いとともに、末永く大切にしていこうと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。
Jimon(@jimon_s)でした。

-レザー

関連記事



CATEGORY
更新チェックはこちらから!