14歳が作った、だと?!痒いところに手が届きすぎるMacウィジェット「Yosemite Preferences」

14歳が作った、だと?!痒いところに手が届きすぎるMacウィジェット「Yosemite Preferences」

:2015/1/25 Macアプリ

Mac使いのみなさん。実はMacには隠し機能がたくさんあるのをご存知ですか?

例えばFinderにファイルのフルパスを表示したり、デスクトップのアイコンを一瞬で見えなくしたり。
痒いところに手が届く裏ワザ的なコマンドです。

ただこの技を使うためには「ターミナル」の知識が必要不可欠、正直僕のような一般ユーザーにはちょっと敷居が高すぎます。

そこで今日ご紹介するのが隠し機能をウィジェットからワンタッチで使えるようにする便利なアプリ「Yosemite Preferences」。
なんとこのアプリ、14歳の少年が作ったんです

スポンサーリンク

記事内リード文下_PC


ウィジェットからワンタップ、痒いところに手が届く!

Yosemite Preferencesの使い方はとってもカンタン。
インストールするとウィジェットにこんなボタンが表示されるので、使いたいものをクリックするだけ。うーんお手軽。

ウィジェットから使いたいものをクリック

使える機能は「Finder系」「Dock系」「システム系」「その他」の4タイプ。
メニューはすべて英語表記されているので和訳して以下にまとめておきます。

Finder系
シンプルFinderをON/OFF
デスクトップのアイコンを一発で非表示
隠しファイルをFinderに表示
ファイルのフルパスをウィンドウに表示
クイックルックでテキストを選択できるように
Dock系
Dockに今使っているアプリだけを表示
今使っているアプリのスタックを作成
Dockに空白を挿入
システム系
シングルアプリケーションモードを起動
safariにデバッグメニューを表示
Mission Controlのアニメーションを高速化
その他
保存・印刷でデフォルトを「詳細画面」に
iTunesで2分の1☆を使えるように
スクリーンショットの影を消す
スクリーンショットのファイル形式を変更

どれも嬉しい機能ですね!中でも特にオススメの2つを詳しくご紹介しておきます。

ファイルのフルパスを表示

Windowsでは標準で表示されているファイルのフルパス。Macのデフォルトでは非表示になっているので不便に感じていた方も多いのではないでしょうか。

機能をONにするとこんな風にパスが表示されるようになります。

フルパスが表示されます

Dockに今使っているアプリのみを表示

いまどれだけのアプリを開いているのかひと目で知りたい!そんなときに便利なのがこの機能。
作業に集中できることまちがいなしです。

今開いているアプリのみ表示

作者はなんと14歳!

このアプリを作ったのはミシガン在住のCullen Cardくん。
なんと14歳の少年です。

Cullenくんはアプリ作り以外にweb制作事業も手掛けていて、すでに8つのサイトを作ったそう。将来有望すぎますね。

Yosemite Preferencesはこちらの公式サイトからダウンロードできます。
無料なのでぜひ使ってみてくださ

あとがき

もう20年もしたらプログラミングぐらいできて普通、なんて世界になってそう。
僕も学生のうちにアプリをリリースしたいなあ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Jimon(@jimon_s)でした。

記事下_W左_PC

記事下_W右_PC

-Macアプリ
-,

サイドバー上_PC

CATEGORY
この記事のカテゴリ
Macアプリの親カテゴリ
Mac内の他のカテゴリ
更新チェックはこちらから!