キーボードだけでChromeを操作!ショートカット追加ってレベルじゃないChrome拡張機能「Vimium」

キーボードだけでChromeを操作!ショートカット追加ってレベルじゃないChrome拡張機能「Vimium」

Macアプリ

どんな記事?
  • キーボードだけでChromeをすべて操作できる拡張機能「Vimium」をご紹介
  • ショートカットを増やす、なんてレベルじゃない
  • まずは1週間使ってみて!

目指せ脱マウス!

NICOAをご覧頂きありがとうございます、Jimon(@jimon_s)です。

マウスで選んで、ポチポチ選択。
どんなアプリでも、まずはじめはここから入ると思います。

それがだんだん慣れるにつれ、ショートカットやジェスチャーなど、とにかく早く動かすための方法を探すようになってくる。

さらに来るとこまで来ると、全部キーボードだけで動かしたいなんて思うようになりますよね?

「うんうん、なるなるー!!」今日はそんなふうに共感してくれる、みなさんに向けた記事。Chromeを全部キーボードだけで操作できるようになる拡張機能、「Vimium」のご紹介です。

スポンサーリンク

全リンクにショートカットがつく

説明するより見たほうがはやい!というわけでこちら。

Fキーですべてのリンクにショートカットキー追加

「Fキー」を押すと、すべてのリンクにショートカットがつきます
なので、どんなリンク・サイトだろうとキーボードだけでブラウジングできちゃう。

Vimiumを入れているChromeでは、この「Fを押す」動きが基本になります。

スクロールはホームポジションで

スクロールの操作は基本右手。ホームポジションから全く動かずできちゃいます。

J、Kキーでスクロール

「Jキー」で↓、「Kキー」で↑です。指先1つでできてラクラク。

Gifだと違いがわかりにくいですが、高速スクロールも用意されていて、「Dキー」「Uキー」を使えばOK。

D、Uキーで高速スクロール

進む・戻る

進むや戻るも、ホームポジションから全く動かず。

H、Iキーで戻る、進む

「Hキー」で戻る、「Iキー」で進むです。

あとからご説明しますが、これはデフォルトじゃなくて僕が追加で設定したもの。この自分好みにカスタムできる柔軟さも、僕がVimiumを気に入っている理由の1つです。

タブ操作も、リロードも

そのほか、タブの切り替えやページのリロード、果ては先頭・末尾への移動まで、だいたいどんな操作でもできちゃいます。

代表的なところだけでも、まとめてみるとこんな感じ。数がありすぎて、とてもすべては書ききれません。

H 左のタブへ
L 右のタブへ
r ページのリロード
gg 先頭に移動
G 末尾に移動
x タブを閉じる
X 閉じたタブを復活

ちなみにキーを忘れちゃっても、「?キー」でこんなヘルプが表示できます。

?キーでヘルプを表示

細かいところですが、こういう配慮は嬉しいですね。

さらにカスタム

カスタム設定画面

先程ちょろっと述べましたが、デフォルトの機能に加えてカスタム機能も充実してます。
設定画面から、

  • キーバインドの変更
  • 特定サイトの機能抑制
  • カスタムサーチエンジン

を細かく設定可能。

手の形やら大きさやらでひとによって使いやすいキーって違いますし、使ってるWebサービスなんて十人十色のはず。そのあたりにも、バッチリ対応できるUXになっています。

Vimの親戚

Vim

実はVimiumのショートカットのいくつかは、もともと「Vim」というテキストエディタのもの。名前のVimiumもそこからきてるんだと思います。

元ネタのVimは、超テクニカルなテキストエディタで、めちゃめちゃショートカットがある代わりに、覚えないとなにひとつできないテキストエディタ。

初見だと一度起動したら、終了できなくなった、なんてこともザラなゴリゴリのエディタです。

サーバサイドエンジニアだと触れることも多いので、慣れておく意味でVimiumを使っておくのもいいかもです。

キーボード操作を極めるなら

知られざるMacのControlキー12個の技!入力を爆速にするショートカット

全操作をキーボードで。それくらいキーボード操作を愛しているなら、こちらのショートカットたちも頭に入れておくといいかもです。矢印キーから開放されるので、ホームポジションから手を動かすことがなくなります。

知られざるMacのControlキー12個の技!入力を爆速にするショートカット

次は、本家。テキストエディタのほうのVimを極めたい。。。

最後までご覧いただきありがとうございました。Jimon(@jimon_s)でした。

-Macアプリ

関連記事



CATEGORY
この記事のカテゴリ
Macアプリの親カテゴリ
Apps内の他のカテゴリ
更新チェックはこちらから!