Macのポップアップダイアログで、Tabキーによる選択変更を可能にする方法

Macのポップアップダイアログで、Tabキーによる選択変更を可能にする方法

:2018/1/2 Macテクニック

どんな記事?
  • Macのダイアログで、Tabキーによる選択を可能にする方法をご紹介
  • 環境設定→キーボードから設定します
  • Tab選択後はEnterでなく、Spaceで決定なので注意

どのアプリでもたびたび出てくる、以下のようなポップアップ。

よくあるポップアップダイアログ

Tabキーを押すと、選択部分が変わりそうなものですが、デフォルトではなにも反応しません。
今回はTabキーによる選択を有効化する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

環境設定の「キーボード」から設定

まず「環境設定」→「キーボード」を選択。

環境設定からキーボードを選択

ついで、「ショートカット」タブを選択します。

ショートカットタブを選択

下部の「フルキーボードアクセス」で「すべてのコントロール」を選択すれば、設定完了です。

下部でフルコントロールアクセスを選択

Tabで選択後はEnterでなく、Space!

Macのダイアログはちょっとクセがあって、EnterとSpaceがややこしいので注意。

キーと選ばれるボタン
  • Enterキー:常に青いボタン
  • Spaceキー:選択したボタン

たいていキャンセル側が青いので、たぶんフェイルセーフのひとつなんでしょう。

青はキャンセルが多い

にしても、わかりづらいですね。

あとがき

トラックパッドでいちいち選択していては、どうしても初動が一歩遅れる。
めちゃめちゃ便利になるので、すぐONにするのをオススメします。

最後までご覧いただきありがとうございました。
Jimon(@jimon_s)でした。

-Macテクニック

関連記事