Macのフォントサイズを増やす方法。「ない」文字サイズも使えるんです

Macのフォントサイズを増やす方法。「ない」文字サイズも使えるんです

:2015/6/22 Mac小技

どんな記事?
  • 使いたいフォントサイズがないときの対処法をご紹介
  • フォントパネルから追加できます

ここのサイズを「20pt」にして…あれ?20ポイントがない!

こんな経験、一度はあるんじゃないでしょうか。
使いたいフォントサイズが選択肢にない問題。妥協して近いフォントで我慢する方も多いかと思います。

ですがこれ、諦める必要は全くない。「ない」サイズは増やしてしまえばいいんです。今日はそんな方法をご紹介します。

フォントパネルに隠れている

今回は「Evernote」を例にご紹介します。
ノートのフォントサイズを見ると、こんな感じになっています。18と24はあるのに、間の20はないですね。

20ポイントがない

ここに無いフォントサイズを使うには、フォントパネルを使います。

フォントパネルって?

文字の「フォント」「サイズ」「太字/斜体」を設定するためのパネルです。
大抵のアプリで、同じような見た目になっています。

Evernoteの場合はメニューバーの「フォーマット」→「フォントパネル」を選択するか、キーボードで⌘+Tを押すと呼び出せます。

フォントパネルを呼び出します

出てきたフォントパネルをみても、まだ「20」ポイントはありません。ここに20ポイントを追加していきます。

20ポイントはまだありません

まず「歯車マーク」→「サイズを編集」を選んでください。

サイズを編集を選択

すると、こんな画面になるので「追加したいサイズ」を入力して「+」を押します。今回は20を追加しました。

追加したいサイズを入力

フォントパネルの右端を見ると、サイズが増えているはずです。

サイズが追加されます

あとはこの「20」を選べば20ポイントで入力できます。

「一時的に変えたいよ」って場合はこちらへ

「常に足したいわけじゃなくて、今だけサイズを変えたいんだよ」という場合は、こちらの方法を使ってください。

フォントパネルを呼び出すところまでは一緒で、そこからが違います。
右端のフォントサイズが並んでいる上のボックスに、直接サイズを打ち込んでください。

サイズを直打ち

すると、フォントが変わります。フォントボックスを閉じれば、足したサイズも消えるはずです。

あとがき

フォントパネル自体、あんまり認知されていないかも。
便利なのでこの機会に一度、整備してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Jimon(@jimon_s)でした。

-Mac小技
-

CATEGORY
この記事のカテゴリ
Mac小技の親カテゴリ
Mac内の他のカテゴリ
更新チェックはこちらから!