iPhone下取りの落とし穴!機種変更と同時に出せない場合は注意が必要、au WALLETを持っておこう

iPhone下取りの落とし穴!機種変更と同時に出せない場合は注意が必要、au WALLETを持っておこう

:2014/9/28 iPhone

iPhone6発売から早1週間。僕の周りでも買い換える人が増えてきています。
そろそろ在庫も落ち着いて手に入れやすくなってきましたね。

今年は各キャリアともiPhoneの下取りにチカラを入れているので、前のiPhoneを売ってお手頃に新iPhoneを手に入れることもできますね。

ただし、auの下取りには隠れた条件があります!
知らないとせっかくもらったポイントを思うように使えないかもですよ!

スポンサーリンク

記事内リード文下_PC

機種変更と同時か否か、それが重要!

auの下取りプログラムの概要はこちら。

auのiPhone下取りプログラム

機種変更の翌月まで古いiPhoneを下取りしてもらうことができるんですね。バックアップやデータ移行に漏れがあると怖いので、しばらく昔のiPhoneを持っていられるこのシステムは嬉しいです。

ただし!ここからがポイントです!
下取りでもらったポイントをiPhone6の割引に使いたい場合には、古いiPhoneを機種変更と同時に出さないといけません

当日に古いiPhoneを出せない場合には機種代を割り引くことはできないんですね。下取りのポイントで安くiPhone6をGETするぞー!と考えている人は注意してください。

後日下取りに出した場合、ポイントはなにに使えるの?

下取りでもらったポイントはWALLETポイントとして付与されます。
WALLETポイントの主な使い道は

  • au WALLET カードにチャージして使う
  • 次回の機種変更に使う
  • 月々の使用料を割り引く
  • auショッピングモールで使う
  • などです。
    僕のオススメはau WALLET カードにチャージする方法。僕もこの機会に話題のカードを使いはじめることにしました。

    au WALLETカードって?

    au WALLETカードは事前にお金を入れて使うプリペイドカードのようなもの、クレジットカードではありません。
    最近だときゃりーちゃんの「シュッとしてチャリーン」のCMでおなじみですね。

    このカードの便利なところは「MasterCardの使えるお店」であれば使えるということ。
    つまりAmazonや楽天の会計なんかにも使えちゃうんです!

    これ僕のようなカードを使っていない大学生にはかなり嬉しい仕様。
    僕の場合今までAmazonで欲しいものがあると、カードを持っている身内にお願いして代わりに買ってもらっていました。au WALLETカードがあればこの手間が省けるんです。

    入会金や年会費などもないので、この機会に作られてはいかがでしょうか?

    あとがき

    データの移行漏れを防ぐためにも「下取りに出すのは後日、ポイントはau WALLETへ」というのがオススメです。
    30000ポイントという高額の下取りポイントを普通の買い物に利用できるようになるのも嬉しいです。

    最後まで読んでいただきありがとうございました。
    Jimon(@jimon_s)でした。

    jimon


    記事下_W左_PC

    記事下_W右_PC

    -iPhone
    -,

    サイドバー上_PC

    CATEGORY
    この記事のカテゴリ
    iPhoneの親カテゴリ

    親カテゴリはありません

    更新チェックはこちらから!